インドネシア進出コンサルティング インドネシアコンサルティング

2.5億人超の人口は市場として極めて高い魅力が感じられます。インフラ整備は正にこれからであり近い将来の改善が望まれています。イスラム教徒という宗教上の問題も含めて解決しない労働問題では多くの製造業各社が困難を強いられてはいます。購買力は高まりつつあり消費市場としても期待されています。

インドネシア進出にはどんな業種でも企業様ごとに一番良い型と形態、そして方法があります。重要なことは、「自社が主導権をもって事業を成功させる型」と「最も収益が出る有利な方法」で進出することですね。

CONTENTS

PHASE 01

インドネシア進出の検討に際して、
次の悩みや課題を抱えているのではないでしょうか?

  • 自社にとって安全でベストなインドネシア進出の「型と方法」が知りたい
  • 進出した企業の成功例と失敗例、その理由や重要ポイントをつかんでおきたい
  • 意思決定までにインドネシア事業の不安要素をできる限り解消しておきたい
  • インドネシアで事業のパートナー企業を探したい
  • インドネシアの販路先として代理店をを探したい
  • 販売ルートに強みをもったインドネシア企業を知りたい
  • インドネシアのマーケットの実態や消費者のニーズ、成長性、競合を正確に調べたい
  • 公的機関の紹介では実際のキーマンには会えなかった
  • インドネシアのコンサルティング会社は不安を感じる
  • 社内に安心して海外事業を任せられる人材がいない
  • 支援コンサル会社のアドバイスは本当に効果があるのか不安だ

長年の支援実績から、
インドネシア進出時の悩みや課題を十分理解しています。

インドネシアの最大の魅力は世界で4番目、2億5000万人という市場規模だと考える日系企業が多いのではないでしょうか。 活発なインフラ整備、建設や不動産、IT・通信、もちろん小売りやサービスと圧倒的な人口を背景に市場は拡大しています。

  • - POINT 1 -販路拡大

    独裁政権時代の縦割り習慣が残るインドネシアで販路を開拓するならやはり強い販売網と販売力のある有力な企業との取引を実現することになりますね。

    民間企業とは言え財閥ファミリーや王族の経営であったりするインドネシアでは株主や本社の役員構成にも注意が必要です。

  • - POINT 2 -消費者向けサービス

    インドネシアは外資の進出には非常に厳しい現状があります。日系企業は自社ビジネスモデルや店舗ノウハウを優良パートナーと組んで自社ビジネスを拡大をお考えでしょう。

    有力な企業と提携するマッチング・サービスをご用意しています。

  • - POINT 3 -小売り

    今もワルンなど伝統的な業態が圧倒的多数を占めています。日系流通業にとって、自社のビジネスモデル・店舗ノウハウを現地企業と組んで現地モデル化し主要都市で事業を展開することになるでしょう。

    ジャカルタの中心部、郊外にある大型商業施設での店舗開発ならお任せ下さい。

  • - POINT 4 -FC・技術供与

    インドネシアでFC展開、技術やノウハウのライセンスで事業を始める企業にとっての命題は、自社のビジネスモデル、ノウハウの競争優位性を正確に見極めて、有力な企業や実業家を加盟店、協業パートナーとして現地事業を展開することでしょう。

    収益ポイントをどこにするか?が重要です。ジャカルタでは募集・商談の企画を常時開催しています。

しかし、インドネシアには、予期せぬトラブルや落とし穴が
潜んでいることが少なくありません。

しかしながらインドネシアでは民間ビジネスにも大きな影響力をもつ州ごとの王様とその王族が存在し、独裁政権時代に獲得した強固な既得権益を持つ財閥グループや、成長著しい中華系大手など商流がとても複雑だという特徴もあります。
また10000を超える島国ですから都市圏を除けば商圏も複雑です。例えばNETの普及状況や通信事情は地域ごとにかなり異なり必ずしもすべての消費者が利用できる環境が整っているわけではありません。
さらに知財権の感覚は希薄で積極的なプレゼンテーションは他社に企画を横取りされてしまう危険性もあります。

PHASE 02

でもご安心を!
支援実績30年・1,800件の海外進出PROが徹底サポートをお約束!

インドネシア進出を実現し、経営目標を達成できる!!
検討段階から目標達成までインドネシアと日本でトータルサポート!

インドネシアへの事業進出の課題を解決するテーマ別の各種パッケージサービスもご用意しています。

  • インドネシア進出法
    インドネシア進出法
    主導権と高収益を確保するインドネシア進出法 決定案
  • インドネシア市場のフィージビリティスタディ
    フィージビリティスタディ
    インドネシアの市場調査&需要分析 事業の可能性判定
  • インドネシア市場の販路開拓
    販路開拓
    インドネシアの代理店紹介&独占交渉
  • インドネシアの工場への委託生産
    委託生産
    インドネシアの委託生産先視察&商談会
  • インドネシアでの工場設立
    工場設立
    製造コスト試算付きインドネシアの工場用地&レンタル工場視察クリニック
  • インドネシアへの海外出店
    海外出店
    小売り・サービス業の商圏分析付き店舗立地診断視察クリニックツアーinジャカルタ
  • インドネシアにおけるフランチャイズ展開
    フランチャイズ
    ジャカルタ事業説明会&個別交渉
  • インドネシア進出準備
    インドネシア進出準備
    インドネシア進出準備室~海外担当部長の代行

弊社にインドネシア進出の支援を依頼することで、
御社にお約束できることとは? 

  1. 01インドネシア進出の早期実現と短期目標達成が実現します。

    弊社では、事業進出の早期実現と経営目標の短期達成や即時業績向上を至上命題とし、かならず実現できる施策のご提案とその遂行支援に集中します。

  2. 02インドネシアの進出リスクをチャンスに変えるベストな方法があります!

    外資に対する法外な規制であったり、グレーな制度運営や当局の恣意的な判断なども十分に対策を考えた上で実行してゆかねばなりません。私達はどんな時にでもリスク対応に備えています。

    1. インドネシア進出のメリットとリスクがはっきりします。
    2. あなたの会社にとってベストなインドネシア進出の「型と方法」がわかります。
    3. インドネシアで成功する必要条件とやるべきことが明確になり自信をもって事業を進められます。
  3. 03一般的なインドネシアの市場調査ならおよそ30日で、意思決定のための根拠を明確にする詳細調査、分析でもおよそ60日で報告しています。

    もうインドネシアに社員を駐在させる必要はありません。

  4. 04有力な候補先と30日で出会うことができる!

    インドネシア企業とのマッチングは弊社登録のインドネシア企業なら30日以内に、新たに探査した企業でもおよそ60日以内に然るべき複数企業のキーマン達との商談をセッティングしています。ベトナムの取得済み市場情報なら即時ご提供が可能です。新たに調査項目を追加してもおよそ30日程で検証、報告できます。

  5. 05コンサル料・調査費を安くするために。
    • 情報提供は最新版であってもできるだけ低価格で行っています。
    • また調査会社に依頼する程難しくない調査や簡単なレポートの翻訳などはベトナム現地のフリーランスを活用するワークシフトによって情報を安く提供しています。
    • 法務・会計分野のワンポイントアドバイスには「専門家シェア・サービス」が便利です。
  6. 06あなたにとってのコンサルティングを実感できてからご依頼ください!

    初回のご提案、解決策のご提示までは無料です。直接面談を実施して、インドネシアでの事業目標、やるべき事や必要条件、期待できる成果を明確に設定します。 弊社からのご提案内容、実施業務、成果を十分に検討して頂いた後にご依頼頂くかどうかの意思決定をして頂けます。

PHASE 03

なぜ、弊社ではそのようなことが可能なのか?

  1. コンサルの型・サポート力
    コンサルの型・サポート力

    「経営判断や意思決定に対する有効な提言とその実践支援のコンサルティング」を行っています。 中小企業経営者の「意思決定」「経営判断」に真摯に向き合い、総合力が求められる経営コンサルティングに強みがあります。また確かなスキルが求められ、泥にまみれ現場に足を踏み入れる経営実務の支援を行っています。弊社は経営コンサルティングの豊富な経験を活かした、机上の空論でない適切な経営判断や意思決定とその実行支援こそが強みです。
    進出プロセスを部分的にサポートするだけの支援企業とは一線を画した、まさに「国際経営コンサルティング」です。

  2. 出張!インドネシア進出準備室
    出張!インドネシア進出準備室

    限られた経営資源しかない中小企業のために、実務に強いコンサルタントが経営者に寄り添い、進出検討・準備の段階の「海外担当者の代行」を請け負っています。

    • 海外進出の準備のために幹部社員に負担をかけ過ぎたり、見ず知らずの自称経験者を社員として新規採用する必要がなくなります。
  3. GSWジャカルタ支援デスク
    GSWジャカルタ支援デスク

    ご支援先のための現地派遣社員を代行してくれるインドネシア現地での事務員・秘書代行的なビジネスサポートの相談窓口を設置しています。日本語⇔インドネシア語で専門性のない範囲の調査や通訳の役割もこなせます。

    • 海外進出のために社員につらい負担をかけたり、見ず知らずの海外経験者を社員に新規採用する必要がなくなります。
    • 答えのない業務は行いません!必ず一定の仮説や答えを提示してご納得頂いてからの契約となります。有効な情報やノウハウはお手元にある状態で安心してご判断頂けます。
    • インドネシアでも日本国内でも場所を問いません。
    • 副業コンサルティングではありません!本業を受注するために目先の課題だけ中途半端にサポートするのではなくインドネシアに進出した後の業績そのものを使命とする一貫性があります。
    • 大企業にいた頃の経験だけのアドバイスしかできない顧問スタイルではありません。
  4. メンバーの質
    メンバーの質
    • 中小企業の海外進出に特化したコンサルティングを行うために、チーム編成では150の業種で900テーマ、400名からメンバーを選抜しています。
    • 国家資格の専門家陣がワンポイントのアドバイスから丁寧に対応しています。
    • 日本人の専門家が対応しますから外国人日本語話者のように聞き取りにくかったり、重要な事柄のニューアンスが分かりにくいなどコミュニケーションのギャップも心配いりません。
  5. 実 績
    実績
    • 政府ODAや自動車メーカー様の進出支援からスタートして15年、インドネシアは主力対象国です。また複数の対象国との比較から最も有利な事業進出先を選ぶ経営判断をお手伝いすることができます。インドネシアでも安全・確実な中小企業の進出支援サービスが提供できるようになりました。
    • 副業コンサルではありません。インドネシアに進出をした後の事業展開、業績成果そのものを使命としています。
  6. リサーチ力
    リサーチ力
    • 調査の目的は分析ではなく「意思決定のため」です。いわゆるビッグデータからどぶ板情報まで一歩も二歩も突っ込んだベトナム情報を取得しています。
    • 未確認情報、未確定情報は提供しません。未検証や出所不明の情報は排除して正確な情報のみを提供しています。
    • インドネシアではあらゆる業種やテーマで知りたい情報に確実にリーチできる体制を整備しています。
    市場調査
    インドネシアでの顧客候補企業、競合企業を把握することでベトナムのマーケットを正確に把握できます。また独自の客層分析とターゲティングで消費者ニーズのリサーチが好評です。 WEB/実店舗どちらのテストマーケティングも承っています。
    企業調査
    インドネシアの全企業から複数の候補企業をリストアップし、業界ごとに有望な相手先を検証しています。相手方の強み弱み、販売網、販売ルートなどを精査し、営業力を客観的に評価して報告しています。
    店舗出店
    出店調査では好立地のテナント物件を獲得するチャンスがあります。
    加盟・提携
    自社のFCパッケージ、ライセンス事業のインドネシアへの適応性、可能性が客観的に判断できます。
  7. 現地ネットワーク・人脈
    現地ネットワーク・人脈

    インドネシア進出では少ない情報の中で現地パートナーを選択して協業する必要があります。私達はインドネシア進出の成功のための確かなパートナー・マッチングを提供しています。

    ジャカルタ・ビジネス情報センター
    20万件以上の個別データを備えた弊社の情報センターです。財閥系大手から中堅の現地優良有力企業、インドネシアの日系企業、インドネシアの外資系企業、確かな事業家や投資家、検討段階で一度話を聞いてみたい現地の業界キーマンのご紹介などにも活用しています。
    • 短期間でご希望に適う複数企業のキーマン達との直接商談が実現します。
    • コネのあるインドネシア企業だけではなく、全ての業界企業から候補となる企業を選定します。
    • ご希望に沿う複数企業と必要なだけ効率よく商談に臨んで頂けます。
    • 商談をセッティングし最後までフォローする独自のサポートです。

    インドネシア進出に必要なネットワークとコネクションを持っています!

    インドネシア投資調整庁(=BKPM)
    インドネシアに進出する外国企業の直接投資の審査や外資恩恵措置を管轄するBKPMとのスムーズな申請・受理をサポートしています。
    駐日インドネシア大使館・領事館/在インドネシア日本大使館
    インドネシアと日本の間で行政各部門との調整をコーディネートする大使館とのコンタクトをサポートしています。
    各許認可省庁
    あらゆるインドネシア当局への様々な許認可申請を円滑に進めるサポートしています。交渉やネゴが必要な案件も承っています。
    大手商業銀行
    マンディリ銀行・BCA/セントラルアジア銀行・BRI/ラカット銀行・BNIネガラ銀行 ほか5行
    財閥グループ
    アストラインターナショナル・サリム財閥・シナールマス財閥・ウィルマーインターナショナル・ジャルム財閥・CT財閥 ほか10グループ
    製造メーカー
    各業種カテゴリーの有力製造業120社との繋がりがあります。
    通信キャリア
    Telcomsel・indosat・XL・ほか
    商業・流通
    カルフール・マタハリ系ハイパーマート・ジャイアント系列店・インドマレット・アルファマート・アルファミディ・アルファエクスプレス・イオンほか  その他専門店を含め約200社ほどとの繋がりがあります。
    日本人商工会
    ジャカルタ・ジャパン・クラブ
  8. 低価格
    低価格
    • 初回のご提案、解決策のご提示までは無料です。直接面談を実施して、インドネシアでの事業目標、やるべき事や必要条件、期待できる成果を明確に設定します。弊社からのご提案内容、実施業務、成果を十分に検討して頂いた後にご依頼頂くかどうかの意思決定をして頂けます。
    • 私達はより多くの中小企業の皆さまにこそ、安心・安全にインドネシア進出の夢を実現して頂きたいとの想いから品質はそのままに絶対的な低価格で提供し続けます。
海外進出の失敗事例とその回避策
御社最適海外進出国
[必須]
[必須]
[必須]
[必須]
[任意]
[任意]
[任意]

サポート実績多数

無料個別相談申込み

海外進出PRO

〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 みゆきビル7F
TEL: 03-5931-7186 (代表)
FAX:03-5931-7187 (代表)
受付時間: 10:00 ~ 17:00
定休日:土日祝日

公式ブログ

お問合せ・ご相談はこちらへCONTACT

ご相談予約受付 03-5931-7186 平日10:00〜17:00
無料相談フォームはこちら